33回転と45回転の音質差

現在レコードの回転数は33回転と45回転の2種類です。 その昔SP盤の時代には78回転という規格もありましたがこれは特殊な例になります。


この33回転と45回転ですが単位は rpm (rotations per minute)で表し一分間の回転数を指します。ただし33回転は厳密には33 1/3回転になります。一分間に33.3333....回転?というもやっとした数字ですが3分間に100回転と考えたほうがすっきりしますね。


両者の音質差ですがやはり単一時間あたりの溝が長い分45回転のほうが良いとされています。


ただし7インチドーナツ盤は45回転が主流ですが12インチの33回転盤と比べると内径がせまく一回転あたりの情報量が少なくなるため一概に7インチドーナツ盤のほうが音質が良いともいえません。


そうすると12インチ盤の45回転が音質面では一番有利になりますが収録時間がかなり制限されます。そのため曲数を少なくできるシングル盤などの場合に45回転12インチシングルとして採用されること多いようです。


回転数とサイズによる収録時間の違いはこちら


またDJ用として制作する場合は33回転のほうが扱いやすく好まれます。







お問い合わせ:株式会社ミキサーズラボ​(ワーナーミュージック・マスタリング) 03-6418-0881

Copyright © 2018 MIXER’S LAB All Rights Reserved.