7インチサイズのセンターホール

最終更新: 2020年4月2日

センターホールとはレコードの真ん中に空いている穴のことです。昔から7インチサイズに限ってドーナツ盤と呼ばれる通常より大きい穴のレコードが存在します。

実はこのドーナツ盤は、ジュークボックスにセッティングするために穴を大きくしているためのもので、通常のプレーヤー再生においてはスモールホールとドーナツホールで収録時間と音質に違いはありません。

どちらを選ぶかはデザイン上の好みですがドーナツ盤のデメリットとしてはレーベル面積が小さくなることと、再生時にドーナツ盤用のアダプターを使用する必要があります。




166回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示