レコードの重さ 【通常盤と重量盤】

最終更新: 5月1日

12インチレコードの重さには通常盤 (約130g)と重量盤 (約180g)の2種類あります。


重量盤のメリットとして、その重さによりターンテーブルの回転が安定します。


レコード盤の厚みも増すので盤のゆがみも少なくなります。


また、レコード盤は再生針でトレースすることにより、少なからずレコード盤自体の共鳴が起こり、再生音に悪影響を及ぼす場合があります。


重量盤はこの共鳴も低く抑えることができるため、音質のクオリティが上がります。



お問い合わせ:株式会社ミキサーズラボ​(ワーナーミュージック・マスタリング) 03-6418-0881

Copyright © 2018 MIXER’S LAB All Rights Reserved.